日付指定と日付指定なしどっちが良いの?

ディズニーランドのチケットには、事前購入をする際に日付指定をすることができるタイプと、日付指定が出来ないタイプがあります。

日付指定をして購入する事が出来るチケットは、日付を指定して購入するために、入場規制がかかっても、入園できない事はありません。

しかし、日付指定のパスの場合は、販売される枚数が決まっているために、完売してしまう事が多く、更に日付を変更して入園することができません。

日付指定がないタイプのパスの場合は、指定のパスが完売してしまっても、購入する事が出来ます。

日付の指定がないために、入園しようと思っていた日の天候が悪い場合には、翌日などにずらすことも可能です。

ただ、入場規制がかかってしまった場合には、いくらパスを持っていても入園する事は出来ません。

遅くても開園の1時間前までには到着し、入場のゲートに並んでおきましょう。

我が家はいつも日付指定をしていないパスで行っていて、入場の2時間前までには並ぶようにしていますが、入場規制がかかってしまい、入園することが出来なかったという事はありません。

カウントダウンに参加したいときには、通常のパスにカウントダウンチケットを購入しなくてはいけません。

パスを購入したからといって、安心してしまわないようにしましょう。

ページの先頭へ